入局希望の方へ recruit 医局員の声

医局員の声

voice 01

助手
中西 洋太朗2017年入局

周術期の患者の安全を守るスペシャリストを目指して

全身麻酔が学びたいと思い麻酔科に入りました。研修医時代からお世話になっていた福大にそのまま入局し、もう5年目になりました。

入局当初は毎日の症例をこなすことに必死で、手技や麻酔管理の出来に一喜一憂する日々でしたが、諸先輩方の指導のおかげで今では余裕と自信を持って望むことができています。

学年が上がるにつれて、心臓外科の麻酔や、気道管理が難しい症例、低心機能に対し区域麻酔をメインにした麻酔など、困難な症例を担当することも多くなりました。チーフレジデントとして、後輩の指導や手術室全体のマネージメント業務にも参加させていただき、幅広い症例の把握や手術室運営など、自分の視野や見識を広げるいい刺激となっています。ハードな1日を過ごすこともありますが、医局の和やかな雰囲気、上級医になんでも相談しやすい環境のおかげで日々楽しく過ごしています。

ベッドフリーでオン・オフの切り替えがしやすいのも麻酔科の良い面かと思います。休日は仕事のことを忘れ、一児の父として1歳の息子になんとかして懐かれようと必死です(笑)。

今後は、まずは専門医試験の合格を目指し、その後は集中治療と心臓麻酔に特化してサブスペシャリティを持っていけたらと思っています。

福大麻酔科は出身大学も幅広く、様々な目標やライフスタイルを持った人が集まっています。色々な個性や希望を受け入れてくれる医局だと思いますので、麻酔やその関連領域に興味がある方なら誰でも大歓迎です。新しい仲間が増えるのを心から楽しみにしています!

voice 02

助教
三股 亮介2011年入局

サブスペシャリティの選択

私は2009年に福岡大学を卒業し、市中病院で研修後に福岡大学病院麻酔科に入局しました。

当初はただただ麻酔が楽しいという理由で入局したので、当面の目標は麻酔科専門医を取得することでした。そんな中、心臓血管麻酔に興味が湧き、麻酔科専門医の取得と並行して心臓血管麻酔専門医の取得も目指すようになりました。心臓血管麻酔専門医取得には認定施設での経験症例数という条件があり、勉強して知識を蓄えるだけでは取得することはできません。興味を持ったことにただ身を任せるだけの私はそのことをあまり考えていませんでしたが、先輩方が知らないところで導いてくれ、成人の症例は福岡大学病院で、小児・新生児の症例は福岡市立こども病院で経験させていただきました。

そして現在、私は麻酔科専門医、心臓血管麻酔専門医として働くことができています。今後は私が先輩として、後輩が日頃の麻酔を一生懸命取り組むことで自然と専門医が取得できるような環境作りを行っていきたいと思っています。是非一緒に麻酔を楽しみましょう。

voice 03

助教
富永 将三2019年入局

専門医取得後の他大学医局からの異動

私は、初期研修後は地元の大学病院の麻酔科に入局し、麻酔科専門医を取得しました。子供が生まれたタイミングで、子育てや家族の生活スタイルについて話し合った結果、福岡市内への勤務を決意し、多方面にご協力いただいた上で異動しました。

麻酔科専門医は取得していましたが、まだまだ経験したい症例があったこと、手術室運営も十分なバックアップがある状態で経験したかったため、福岡大学への入局をお願いしました。福大麻酔科は出身大学も働き方のビジョンも多様性のある医局であり、中途異動してきた私も温かく迎え入れていただきました。

異動して3年目になりますが、手術室運営や術後痛チームなど、新しい経験ができて忙しい中にも充実感があります。また、昨年度より若手専攻医向けにオンライン勉強会をスタートさせました。みんなの日取りが合う土曜日の朝に、「神経ブロック」「循環作動薬」「ペースメーカー」など各担当者がスライドを発表、日々の臨床での疑問をピックアップ、できるだけ解消できるような時間を作っています。オンラインなので関連施設の先生や、産休の先生とも顔を合わせることができ、みんなが無理のないように現在も継続することができています。

地下鉄沿線上で生活しており、通勤もストレスがなく便利な環境であると改めて感じています。福岡での生活は家族の満足度も高く、安定した家庭環境のもと仕事ができることがとても嬉しいです。

voice 04

助手
丸田 弦2017年入局

医者夫婦二人三脚を後押ししてくれる医局

僕は麻酔科4年目で、泌尿器科医の妻と4歳と1歳の子どもがいます。子どもたちは大学病院敷地内の保育園に登園させており、妻と2人でぐずる子どもを送ってどたばたと病院へ通勤しています。普段は子供のお迎えは妻に任せてしまうことが多いですが、勤務が妻より早く終了したときは、僕が子供を迎えに行っています。妻は週に1回の当直をしており、その際は僕が自宅に早く帰ることができるように勤務表を組んでもらっており、とても助かっています。

医師同士の夫婦ですので、妻と私の「仕事」と「家庭」のバランスをとることの難しさを感じることもありますが、それでも楽しい日々を送れているのは、毎日一生懸命頑張っている、愛する妻と雰囲気の良い医局のおかげだと感じています。

voice 05

助教
中野 涼子2015年入局

進路の選択〜キャリアアップについて〜

私が福大の麻酔科に入局したのは、市中病院での後期研修を経た麻酔科4年目のことでした。それまである程度手術麻酔はこなしていて、早期にペインやICU領域の勉強を優先したいという希望を叶えてくれた点が決め手でした。ここの医局は医局員の進路について束縛が強くなく、自由度が高いという特徴があると思います。

私は専門医を取得後、基礎系の大学院に通いながら臨床を続けています。またサブスペシャリティとして心臓血管麻酔専門医を目指している最中です。そのために臨床麻酔や助教の仕事を少し減らし、心血麻の症例経験のためにこども病院に研修に出向するなど、随時調整していただいています。

私自身、のらりくらりとした性分なので、初めからそういったキャリアアップを目標にしていたのではありません。専門医取得で満足していて、日々の診療の中で、これができたらいいな、あれがしたいな、というその場の思いつきで動いた結果です。ただ、そのタイミングでその都度医局からバックアップを得られたことは幸運でした。

今はまだ自分の進路がおぼろげだという人、これからゆっくり考えればいいと思います。選択したときに、あなたに必要な手助けができるように私たちも尽力していきます。

voice 06

助手
松岡 采花2018年入局

育児と仕事の両立をサポートしてくれる医局

私は麻酔科に入局して4年目で、現在は専門医資格取得を目標としています。入局1年目に子供を出産し、現在は第2子を妊娠中です。子育てをしながら仕事をするのは大変な面もありますが、医局のみんなには専門医取得のためにいろいろサポートしてもらっています。心臓麻酔や小児麻酔、産科麻酔など専門医資格に必要な症例の麻酔、学会での発表、さらにはICUやペインクリニックのローテーションなど様々な体験をさせていただいています。

福岡大学病院麻酔科の特徴として、子育てをしながら働いている医師が多く在籍していることが挙げられると思います。そのため、仕事に関することだけでなく、育児についての相談もしやすい環境です。これまで子育てをしながら専門医資格を取得された先輩方が多くいるのでとても勉強になります。同期入局員からは少し遅れていますが、順調に専門医試験への準備をできている状況です。今後、出産を控えていますが仕事復帰後も育児と仕事の両立を頑張っていこうと思います。