手術麻酔のご案内

麻酔科医の仕事
麻酔方法と術前の注意点
について
全身麻酔について
硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔について
伝達麻酔について
手術終了後について
ご家族の皆さんへ

麻酔科医の仕事

 「麻酔科医」と聞くと、皆さんが手術を受けるときに、「患者さんを眠らせる人」と思う方が大半かもしれません。しかし、麻酔がかかっている状態というのは、夜中にただ単に眠っているのとは全く違います。
 手術では何かしら患者さんの身体にキズをつける処置がありますが、単に眠っているだけでは、キズをつけられた途端にびっくりして目が覚めてしまいます。全身麻酔では眠っていると同時に、痛みも感じなくなっていますので、手術を受けている最中に目が覚めてしまうということはありません。
 また、痛みを感じなくさせるだけでなく、手術中に変動する循環動態(血圧 や心拍数 )、呼吸などの管理、合併症(高血圧、糖尿病、心臓の病気、喘息や肺気腫などの呼吸器の病気を始めとする様々なもの)を持っている患者さんに対して安全に麻酔をかけること、手術中の患者さんに危険(大出血や心停止)が起こった場合に、素早く治療を行うこと、目が覚めた後に痛みが最小限になるようにすることなど、安全な手術の場を提供するのが、麻酔科医の仕事です。

麻酔方法と術前の注意点について

麻酔方法

 「麻酔」と一概にいっても、現代の麻酔はいろいろな種類の麻酔方法があります。ここでは麻酔方法を『全身麻酔』と『局所麻酔(硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔、伝達麻酔)』の2つに分けて説明をします。
 手術を行う際には、「全身麻酔」と「局所麻酔」をそれぞれ単独で行う場合と、両者を併用する場合があります。また、患者さんの状態に応じて麻酔方法を変更することがあります。患者さんごとに、手術の内容や合併症の状態などを総合的に見極め、十分に検討した上で担当の麻酔科医がその患者さんにとって最も安全と考えられる麻酔方法を選択します。

術前診察

 術前診察は、麻酔科医が手術前の患者さんのコンディションを整え、麻酔法や鎮痛方法を選択するときに必要な情報を得るために行います。手術1ヶ月前から、前日までに麻酔科術前診察室(病院本館2F)もしくは、患者さんの病室にて診察をさせていただきます。
 診察でよくお伺いする質問事項は以下の通りです。また、麻酔に関して何かご不明な点や、ご相談等がありましたら、遠慮なくお知らせください。
 ・現在治療している病気に関して(心臓、肝臓、腎臓、肺、脳など)。
 ・現在定期的に使用しているお薬に関して(血圧、糖尿病、血液をサラサラにする薬、ステロイド、抗精神病薬など)。
 ・喘息の有無。
 ・食事やお薬などのアレルギーに関して。
 ・グラグラしている歯や、弱い歯があるかどうか、また、義歯をつけているかどうか。
 ・首の動かしにくさや、肩や腕のしびれがあるかどうか。
 ・口を大きく開けることができるかどうか。
 ・喫煙歴の有無に関して。
 ・意識を失うような発作を起こしたことがあるかどうか。
 小児の患者さんや、意思疎通の困難な患者さんの場合、ご家族や保護者の方々のお話が重要な情報となりますので、ご協力をお願いいたします。

麻酔方法の説明

 患者さんの状態や病歴、手術内容、患者さんご自身の希望などを総合的に考え合わせ、麻酔方法を決定し、患者さんやご家族に説明をします。診察の所見により、手術前の検査の追加や、手術の中止や延期などのご提案をさせていただく場合があります。

手術麻酔を受けるにあたっての注意点

 安全な麻酔のため大切なことですので、必ず麻酔前の指示を守るようにしてください。

<絶飲と絶食>

 胃の中に食べ物や水分が残っていると、麻酔中に吐いてしまい、吐いたものが気管の中に入ることがあります。これを「誤嚥(ごえん)」といいます。誤嚥が起こると、誤嚥性肺炎という重い肺炎を起こしてしまう危険性があります。絶飲と絶食時間をお伝えしますので、必ずその指示を守るようにしてください。

<たばこ>

 たばこを吸っている方は、手術後に痰が多くなります。多量の痰により肺炎を起こしやすくなります。たばこによる肺気腫が強い方は、手術後に人工呼吸器から離脱が困難になる危険性が高まります。手術が決定したら、すぐに禁煙をしてください。合併症が起こりやすくなるため、入院期間が長くなることもあります。

お願い

 麻酔は安全に行われておりますが、残念ながら100%安全であると言い切ることはできません。副作用や、合併症が起こった際には、全力で適切な治療を致します。できるだけ早い段階で、ご家族や保護者の方への報告をさせていただきます。手術中は、ご家族、保護者の方々は必ずご在院いただきますようお願いいたします。

全身麻酔について

 全身麻酔とは、点滴のお薬や吸うことによって眠くなる薬(全身麻酔薬)を投与することにより、手術中の意識がない状態を作りだす麻酔方法です。当院での麻酔科医が関わる手術では、ほぼ全ての手術で全身麻酔もしくは全身麻酔と局所麻酔を併用した麻酔を行っています。以下に麻酔の流れを説明いたします。

手術室へ移動

 手術の時間になると、病棟の看護師が手術部(病院本館2F)へご案内いたします。手術室へ移動する前に、指示されたお薬を飲んだり、注射を受けたりすることがあります。原則として徒歩にて手術室へ入室しますが、患者さんの状態にあわせて車椅子やストレッチャーを使用します。

手術の受付

 手術室受付にて、お名前と手術をする部分について患者さん本人に看護師がお聞きします。患者取り違え防止のため、必ずお答えいただきますようご協力をお願いいたします。

手術室の中

 手術室に入り、ベッドに横になります。心電図や血圧計など患者さんの状態を把握する装置(モニター)を体につけます。続いて点滴の注射をします。

全身麻酔を始めます

 鼻と口にマスクを当てて、酸素を吸います。意識がなくなるお薬を、点滴もしくはマスクから流します。いつの間にか眠ってしまい、意識がなくなった後に、酸素の通り道を確保するために、口や鼻からチューブを挿入(挿管)します。その際、弱い歯やグラグラしている歯があるときには、歯が欠けたり抜けたりする場合があります。

手術が行われます

 手術中は、担当麻酔科医が患者さんの状態と手術の進行状況をみながら、麻酔の深さや人工呼吸の条件、点滴の量などを適切に調節して、最適な麻酔状態を保ちます。

手術終了後

 手術が終わったら、麻酔から目覚めさせます。目が覚め、しっかりと呼吸ができるのを確認したら、口にいれていたチューブを抜きます。目が覚めたあと、痛みや吐き気があるときには、遠慮せずにお伝えください。

全身麻酔の合併症・偶発症

 麻酔は安全に行われていますが、残念ながら100%安全だと言い切ることはできません。以下に注意しても避けることができない麻酔中に起こりえる事象をあげます。尚、麻酔による合併症が起こった際の治療に関しては、通常の保険診療となります。

1.歯が欠ける、抜ける(歯牙損傷)

気道確保器具(気管チューブやラリンジアルマスクなど)を挿入する際や、手術中に無意識に歯を食いしばることにより、歯に無理な力がかかり、歯牙損傷が起こる可能性があります。もともと、歯のぐらつきがある場合、歯牙損傷の危険性が高くなります。

2.喉の痛みや声がかすれる(咽頭痛、嗄声)

喉の奥に、気道確保器具(気管チューブやラリンジアルマスク)を挿入することが原因で発生します。時間とともに軽快しますが、個人差があります。稀に、披裂軟骨脱臼などの可能性があり、専門医の診断と治療を必要とします。声のかすれがあまりにも長い場合は、ご相談ください。

3.悪心(吐き気)、嘔吐

眠くなる薬や、痛み止めによって吐き気や嘔吐が起こることがあります。手術後、ご気分が優れないときには、お知らせください。

4.肺炎(誤嚥性肺炎)

麻酔中や麻酔直後に、胃の内容物が気管内や肺に入ると、重い肺炎が起きることがあります。手術前の絶食・絶飲の指示は必ず守ってください。

5.気管支けいれん、喉頭けいれん

吸入麻酔薬や、喉に入れたチューブの刺激、あるいは使用薬剤のアレルギー反応で気管支けいれんや喉頭けいれんを起こす可能性があります。

6.術中覚醒

手術中の大量出血などが原因で、麻酔薬の体内濃度が減り、術中に意識がでる可能性があります。

7.せん妄

手術後に、ここがどこか分からなくなったり、睡眠リズムに障害が起こったりする精神障害が起こる場合があります。ご高齢の方に起こりやすく、生命維持に必要な管を抜いたり、夜中に大声で叫ぶなどの症状があります。個人差はありますが、1週間前後で軽快します。

8.低体温、震え

手術後に、寒気と震えが出現する場合があります。術中に体温管理を行いますが、術後に寒気を感じる場合にはお知らせください。

9.脳症

頻度は高くありませんが、低酸素、低血糖、脳血流の低下が原因で脳症が生じる可能性があります。元々腎不全や肝硬変があると脳症が生じる頻度が増加します。

10.脳血管障害

脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などの発生が報告されています。高血圧、不整脈などの病歴がある方で危険性が高くなります。

11.心筋虚血

狭心症、心筋梗塞などの発生が報告されています。

12.迷走神経反射

手術中に突然徐脈となり、極めて稀に心停止となることがあります。頸動脈の手術や眼の手術では頻度が高くなります。

13.視力障害

うつ伏せや横向きの手術(特に肥満の方)では、虚血性視神経炎、網膜中心動脈閉塞症、網膜動脈分岐閉鎖症などを引き起こす可能性があります。

14.アナフィラキシーショック

麻酔や手術で使用する薬剤などが体に合わなく、アレルギー反応が起こる場合があります。アレルギー反応の中でも非常に危険なものです。アナフィラキシーショックと考えられた際には、できるだけ早く、症状改善の処置を行います。

15.肺塞栓症

手術中に、下肢の静脈に血の塊(血栓)が形成され、それが肺の血管に詰まると、呼吸困難、胸痛、ときに心肺停止を引き起こすことがあります。手術中は、体が動かせない状態が一定時間続くため、血栓が形成されやすくなります。そのため、予防処置として、弾性ストッキングの着用や、下腿マッサージ機を使用しています。

16.悪性高熱症

一部の麻酔薬(吸入麻酔薬、筋弛緩薬)が誘因となって、筋肉が破壊されて、体温が急上昇する疾患です。遺伝性疾患であり、40度以上の発熱、頻脈、不整脈、アシドーシス、筋強直、ミオグロビン尿、低酸素血症、高K血症、高CK血症となります。多臓器不全になると、死亡率は15%と高率です。早期の治療が必要になりますので、ご家族に、悪性高熱症の診断をされた人がいるときには、必ず申し出てください。

17.元々の病気の悪化

手術を受ける前から治療をされている病気が悪化する可能性があります。


麻酔の流れが少しでもご理解いただければ幸いですが、なにか分からないことがあるときには、些細なことでも構いませんので、担当麻酔科医や手術室看護師へご質問ください。


上記説明は、あくまでも一例であり、麻酔を受ける全ての方に同様の処置を行うとは限りません。


参考:日本麻酔科学会公式ホームページ
http://www.anesth.or.jp/public/index.html

硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔について

 硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔は、手術中の痛み止めのための麻酔で、局所麻酔に分類されます。脊髄や脳は、くも膜と硬膜という膜で覆われています。手足を動かす神経や、痛みや温度を感じる神経は、脊髄からこの膜を貫いて全身へ伸びています。
 硬膜外麻酔では、硬膜の外側の空間(硬膜外腔)に細い管(カテーテル)を入れます。カテーテルから麻酔の薬を注入すると、手術を受ける部位の痛みが和らぎます。例外もありますが、体幹部(胸や腹部)や下半身の手術、帝王切開で行います。帝王切開を除いた硬膜外麻酔や脊髄くも膜下麻酔は、原則として全身麻酔と併用して行われます。

手術室へ移動

 手術の時間になると、病棟の看護師が手術部(病院本館2F)へご案内いたします。手術室へ移動する前に、指示されたお薬を飲んだり、注射を受けたりすることがあります。原則として徒歩にて手術室へ入室しますが、患者さんの状態にあわせて車椅子やストレッチャーを使用します。

手術の受付

 手術室受付にて、お名前と手術をする部分について患者さん本人に看護師がお聞きします。患者間違え防止のため、必ずお答えいただきますようご協力をお願いいたします。

手術室の中

 手術室に入り、ベッドに横になります。心電図や血圧計など患者さんの状態を把握する装置(モニター)を体につけます。続いて点滴の注射をします。

全身麻酔を始めます

 鼻と口にマスクを当てて、酸素を吸います。意識がなくなるお薬を、点滴もしくはマスクから流します。いつの間にか眠ってしまい、意識がなくなった後に、酸素の通り道を確保するために、口や鼻からチューブを挿入(挿管)します。その際、弱い歯やグラグラしている歯があるときには、歯が欠けたり抜けたりする場合があります。

手術が行われます

 手術中は、担当麻酔科医が患者さんの状態と手術の進行状況をみながら、麻酔の深さや人工呼吸の条件、点滴の量などを適切に調節して、最適な麻酔状態を保ちます。

手術終了後

 手術が終わったら、麻酔から目覚めさせます。目が覚め、しっかりと呼吸ができるのを確認したら、口にいれていたチューブを抜きます。目が覚めたあと、痛みや吐き気があるときには、すぐに対応いたしますので遠慮せずにお伝えください。

硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔の合併症

 麻酔は安全に行われていますが、残念ながら100%安全だと言い切ることはできません。以下に注意しても避けることができない麻酔中に起こりえる事象をあげます。尚、麻酔による合併症が起こった際の治療に関しては、通常の保険診療となります。

1.頭痛

脊髄くも膜下麻酔では、硬膜に針をいれますが、手術後に脳脊髄液が針穴から漏れ、脳圧が低下することによって、激しい頭痛が起こることがあります。また、硬膜外麻酔でも、硬膜穿刺が起こってしまうと、同様の症状が起こることがあります。一定期間の安静で治ることが多いですが、場合によっては、別の処置(ブラッドパッチ:自己血を硬膜外腔に注入すること)が必要になることがあります。

2.馬尾症候群・一過性神経症状

頻度はまれですが、下半身の神経領域の知覚異常、運動障害、膀胱直腸障害などを生じることがあります。脊髄くも膜下麻酔の効果が切れてから、臀部、下肢に激痛が生じる一過性神経症状もまれに報告されています。

3.硬膜外血腫・硬膜外膿瘍

血液を固める機能や、血小板に異常がある場合、背中に針を刺すときや、カテーテルを抜くときに、硬膜の外側に血の塊(血腫)ができて、神経を圧迫することがあります。

4.麻酔が効かない・麻酔が切れる

手術に必要な範囲まで麻酔が効いていないため、痛みが生じたり、手術が予定より長引いて、麻酔効果がきれることがあります。その場合には、全身麻酔に変更になることもあります。

5.局所麻酔薬中毒

麻酔薬を注入した際に、中毒症状を起こす場合があります。口が痺れたり、血圧が急激に低下します。意識を失ったり、けいれんが起こる場合もあります。


麻酔の流れが少しでもご理解いただければ幸いですが、なにか分からないことがあるときには、些細なことでも構いませんので、担当麻酔科医や手術室看護師へご質問ください。


上記説明は、あくまでも一例であり、麻酔を受ける全ての方に同様の処置を行うとは限りません。


参考:日本麻酔科学会公式ホームページ
http://www.anesth.or.jp/public/index.html

伝達麻酔について

 伝達麻酔とは、手術をする部分を支配する神経を痺れさせて痛みをとる麻酔方法で、局所麻酔に分類されます。神経ブロックと呼ばれる場合もある麻酔方法です。肩や手の手術では、首の付け根や脇の下から注射をして、神経の周囲に痛み止めを注入したり、足の手術では足の付け根や膝の裏、場合によってはお尻から注射をします。膀胱の手術では、足の付け根に注射をします。

手術室へ移動

 手術の時間になると、病棟の看護師が手術部(病院本館2F)へご案内いたします。手術室へ移動する前に、指示されたお薬を飲んだり、注射を受けたりすることがあります。原則として徒歩にて手術室へ入室しますが、患者さんの状態にあわせて車椅子やストレッチャーを使用します。

手術の受付

 手術室受付にて、お名前と手術をする部分について患者さん本人に看護師がお聞きします。患者取り違え防止のため、必ずお答えいただきますようご協力をお願いいたします。

手術室の中

 手術室に入り、ベッドに横になります。心電図や血圧計など患者さんの状態を把握する装置(モニター)を体につけます。続いて点滴の注射をします。

全身麻酔を始めます

 鼻と口にマスクを当てて、酸素を吸います。意識がなくなるお薬を、点滴もしくはマスクから流します。いつの間にか眠ってしまい、意識がなくなった後に、酸素の通り道を確保するために、口や鼻からチューブを挿入(挿管)します。その際、弱い歯やグラグラしている歯があるときには、歯が欠けたり抜けたりする場合があります。伝達麻酔の手術では、必ず全身麻酔を併用します。

手術が行われます

 手術中は、担当麻酔科医が患者さんの状態と手術の進行状況をみながら、麻酔の深さや人工呼吸の条件、点滴の量などを適切に調節して、最適な麻酔状態を保ちます。

手術終了後

 手術が終わったら、麻酔から目覚めさせます。目が覚め、しっかりと呼吸ができるのを確認したら、口にいれていたチューブを抜きます。目が覚めたあと、痛みや吐き気があるときには、遠慮せずにお伝えください。

伝達麻酔の合併症

1.神経損傷・血管損傷

神経に直接針や血管を刺すことはありませんが、手技が原因で神経の損傷が起こることが報告されています。合併症を最小限にするために、盲目的に針をさすようなことはせず、超音波装置を利用し、針を刺しても安全な部分を確認しながら行います。


2.麻酔が効かない・麻酔が切れる

手術に必要な範囲まで麻酔が効いていないため、痛みが生じたり、手術が予定より長引いて、麻酔効果がきれることがあります。その場合には、全身麻酔に変更になることもあります。


3.局所麻酔薬中毒

麻酔薬を注入した際に、中毒症状を起こす場合があります。口が痺れたり、血圧が急激に低下します。意識を失ったり、けいれんが起こる場合もあります。すぐに治療を行います。


麻酔の流れが少しでもご理解いただければ幸いですが、なにか分からないことがあるときには、些細なことでも構いませんので、担当麻酔科医や手術室看護師へご質問ください。


上記説明は、あくまでも一例であり、麻酔を受ける全ての方に同様の処置を行うとは限りません。


参考:日本麻酔科学会公式ホームページ

http://www.anesth.or.jp/public/index.html

手術終了後について

麻酔回復室

 手術が終わり、麻酔から目覚めたあとは、手術部内にある回復室と呼ばれる部屋へ移動します。そこで、完全に麻酔から目覚めるのを待ったり、手術後の痛みや吐き気などの症状がある場合には、症状に合わせた治療を行います。
 回復室では、状態に合わせて30分から数時間滞在し、患者さんの状態が安定しているのを確認してから病棟へ帰ります。病棟へ帰ったあとは、一定時間の酸素吸入をマスクで行います。
 ※夜間の手術や急患の手術の際は、回復室を利用しないで病棟に帰ることもあります。

集中治療室(Surgical Intensive Care Unit; SICU)

 手術の内容によっては、手術後も引き続き全身状態安定化のためのきめ細かな治療が必要な患者さんがおられます。その際には、手術後に集中治療室(病院本館2F)へ入室し、治療の継続を行います。治療内容は患者さんの状態によって様々ですが、人工呼吸器管理や持続透析、厳格な輸液管理などを行います。
 尚、集中治療室の面会時間は24時間可能です(処置などの関係で、面会までお待たせする場合があります。ご了承ください。)。


麻酔ついて少しでもご理解いただければ幸いですが、なにか分からないことがあるときには、些細なことでも構いませんので、担当麻酔科医や手術室看護師へご質問ください。


上記説明は、あくまでも一例であり、麻酔を受ける全ての方に同様の処置を行うとは限りません。


参考:日本麻酔科学会公式ホームページ

http://www.anesth.or.jp/public/index.html

ご家族の皆さんへ

手術当日について

手術当日は、手術の説明、治療方針の変更、合併症の報告など手術の状況の応じて、追加で主治医や麻酔科医からお話がある場合があります。そのため、ご家族の方におかれましては、手術当日は御在院いただくようお願いしております。

 回復室では、状態に合わせて30分から数時間滞在し、患者さんの状態が安定しているのを確認してから病棟へ帰ります。病棟へ帰ったあとは、一定時間の酸素吸入をマスクで行います。

 ※夜間の手術や急患の手術の際は、回復室を利用しないで病棟に帰ることもあります。

手術中の待合室

手術中のご家族のために待合室を用意しております。病院本館手術室前にありますが、場所がわからない場合は、お気軽に病棟スタッフへお知らせください。

集中治療室

手術の内容によっては、手術後も引き続き全身状態安定化のためのきめ細かな治療が必要な患者さんがおられます。その際には、手術後に集中治療室(病院本館2F)へ入室し、治療の継続を行います。治療内容は患者さんの状態によって様々ですが、人工呼吸器管理や持続透析、厳格な輸液管理などを行います。

尚、集中治療室の面会時間は24時間可能です(処置などの関係で、面会までお待たせする場合があります。ご了承ください。)。


麻酔について少しでもご理解いただければ幸いですが、なにか分からないことがあるときには、些細なことでも構いませんので、担当麻酔科医や手術室看護師へご質問ください。


上記説明は、あくまでも一例であり、麻酔を受ける全ての方に同様の処置を行うとは限りません。


参考:日本麻酔科学会公式ホームページ
http://www.anesth.or.jp/public/index.html