新専門医研修プログラムについて

日本専門医機構麻酔科領域専門研修プログラムの開始について

従来、麻酔科を含め各診療科を選択した後期研修医は、それぞれの学会が認定する専門医を目指して研修してきました。2018年度より日本専門医機構専門研修プログラムが開始されます。学会、専門医機構の基本的姿勢は以下のようになっています。
学会の基本的姿勢:学術的な観点から責任をもって研修プログラムを作成する。
専門医機構の基本的姿勢:
① 専門医制度を学術的な観点から標準化を図る。領域学会に対し、チェック機能、調整機能を発揮し、領域学会をサポートする。
② 専門医を公の資格として認証する。
③ 専門医に関するデータベースを各領域学会と共同で作成する。
④ 専門医制度を通して、国民に信頼される良質な医療を提供するための諸施策を検討する。

福岡大学病院麻酔科研修プログラムに登録された後期研修医は日本専門医機構麻酔科領域の「専攻医」として専門医を目指すこととなります。当科で作成した研修プログラムは日本専門医機構の二次審査で承認されています。

専門研修プログラム名:福岡大学病院麻酔科専門研修プログラム

麻酔科専門医取得にむけて、主な変更点

経験必要症例数が設定されました。
専攻医(麻酔科専門医を目指す医師のことを指します)は専門研修基幹施設が提供するプログラムに登録する必要があります。
専門医研修プログラム登録施設は、専門研修基幹施設、専門研修連携施設A、専門研修連携施設Bの3つに分けられます。

経験が必要な症例数

小児(6歳未満)の麻酔 25例
帝王切開の麻酔 10例
心臓血管手術の麻酔 25例
胸部外科手術の麻酔 25例
脳神経外科手術の麻酔 25例

当教室の専門医プログラムでは十分な数の症例数がありますので、専攻医同士での症例の取り合いなどは起こりません。

研修施設

専門研修基幹施設

 福岡大学病院

専門研修連携施設A

 福岡赤十字病院(福岡市)
 国立病院機構 九州がんセンター(福岡市)
 唐津赤十字病院(佐賀県唐津市)
 福岡市立こども病院(福岡市)
 原三信病院(福岡市)
 中頭病院(沖縄県沖縄市)
 北九州市立医療センター(福岡県北九州市)
 

専門研修連携施設B

 福岡大学筑紫病院(福岡県筑紫野市)
 国立病院機構 福岡東医療センター(福岡県古賀市)
 白十字病院(福岡市)

研修病院の多くは、福岡市内から約1時間以内で通勤できるところが多く、引越しをせずに研修を続けることが可能です。また福岡市内から毎日の通勤が難しい場所に研修する場合には病院の指定する住宅や寮の利用が可能になっています。

4年間の研修後、専門医取得を目指します

専門医取得に向けて、4年間以上かけて専門医取得を目指します。福岡大学病院の麻酔科専門医研修プログラムでは、4年間のうち最低2年間を専門研修基幹施設(福岡大学病院)で行うため、研修の前半2年間のうち1年、後半2年間のうち最低1年は、福岡大学病院で研修を行います。
当教室の運営方針として、プログラムに登録した全ての専攻医はプログラム責任者と個人面談を行い、将来の進路の希望にあわせた研修施設の選択を行います。また、研修内容・進行状況に配慮して、プログラムに所属する全ての専攻医が経験目標に必要な特殊麻酔症例数を達成できるように、ローテーションを構成します。
以下の図は専攻医ローテーションの一例です。



麻酔科入局後のキャリアパス

手術麻酔におけるサブスペシャリティー(心臓血管麻酔、小児麻酔、産科麻酔など)、ペインクリニック、集中治療、緩和医療など、麻酔科医の進路は多岐に渡ります。きっと自分に合った興味のある分野が見つかるはずです。

専攻医登録

1. 2018年専攻医登録について

2018年4月1日から研修プログラムを開始する専攻医は、2018年6月10日までに日本麻酔科学会の入会手続きを完了させる。
研修開始登録書を作成し、臨床研修修了書と一緒に研修プログラム管理委員会で保管する。

2. 2019年4月開始研修プログラム申請スケジュールについて

2018年4月1日~20日  研修プログラム申請受付・認定病院年次報告書の提出
2018年4月21日~5月末 各プログラム基幹施設へ不備連絡・一次審査会実施
2018年6月中      日本麻酔科学会から日本専門医機構へ提出
2018年7月~      都道府県協議会で確認
2018年8月~      日本専門医機構での二次審査
2018年9月1日~     専攻医募集開始

専攻医登録で特に2019年開始の研修プログラムに関しては今後変更となることがあります。変更があり次第、公開します。

まずは、自分の目で見て確かめてください

将来の進路として、少しでも麻酔科に興味があったり、麻酔科は決めているけど、就職先に迷っているというような状況でしたら、まず一度ご連絡ください。ご都合に合わせて見学日を設けます。何よりも「百聞は一見にしかず」です。

採用の流れ

入局希望の方には、面接を随時行っております。
採用者は、別途必要書類の準備をしていただき、本採用の流れとなります。具体的には、面接の際にお伝えいたします。