2019年9月16日 九州麻酔科学会がありました。

福岡アクロスにて九州麻酔科学会第57大会がありました。
最近の知見を勉強できる良い機会となりました。

当教室からも、講演が2名、ポスター発表が5名の計7名の先生方が発表を行いました。

秋吉先生 麻酔科領域講習 「超音波を使いこなそう~周術期POCUS~」

重松先生 周術期管理チームセミナー 「麻酔機と医療用ガス配管」

鳥井ヶ原先生「先天性喉頭閉鎖症に対するex-utero intrapartum treatmentの麻酔経験」

村山先生「経肛門的CO2早期併用腹腔鏡手術において、肺塞栓症を経食道エコーで早期に診断できた症例」

蛯原先生「脊椎手術における輸血件数、準備血液量、血液廃棄量の検討」

高橋先生「術中にfloppy epiglottisにより上気道閉塞を認めた筋萎縮性側索硬化症の一例」

津田先生「右心不全を合併した巨大右房腫瘍摘出術の麻酔経験」

皆様お疲れさまでした。

2019年09月18日