症状緩和チームのご案内

症状緩和チームについて

緩和医療部門責任者 廣田 一紀

 緩和医療は、終末期に限った医療ではありません。現在の緩和医療は、がんが疑われたり、がんという診断がついた時点から患者さんやその家族に対する緩和・支持療法を行う医療です。緩和医療は決して消極的な医療ではなく、痛みや精神的な症状などのさまざまな苦痛に対し、迅速な対処を行い、生活の質を向上させるのです。WHO(世界保健機関)も、がんの初期から早期の緩和ケアの導入を提案しています。
 福岡大学病院では、2006年4月から入院及び外来患者さんに対し、症状緩和チームが中心となって緩和医療を提供しています。われわれのチームは、麻酔科・精神神経科・内科の医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、栄養士や理学療法士など、他職種のメンバーで構成されており、痛みに対してはもちろん、精神面での苦痛や化学療法、放射線療法などのがん治療の副作用対策や細かな服薬指導を行っています。
 当院の緩和ケアチームはコンサルテーション型のチームで、専門病棟を持たずに、依頼された病棟へ赴く形をとっています。毎週水曜日にカンファレンスと各病棟への回診を行っています。当院には緩和ケア病棟やホスピスはありませんので、患者さんやそのご家族のご希望などにより、緩和ケア病棟やホスピスのある終末期医療専門の施設や在宅医療への移行などの支援にも関わっています。
 われわれも正しい知識を身につけ、より良い緩和医療を提供するために、院内での勉強会や講演会を積極的に行い、少しでも皆様のがんの苦痛を和らげることができるように心がけております。